介護保険負担割合証

 平成27年8月から65歳以上で一定以上の所得がある方は、介護保険サービスを利用するときの利用者負担が「1割」から「2割」に変更されます。これにともない、要介護(要支援)認定を受けた方に負担割合(「1割」または「2割」)が記載された「介護保険負担割合証」を交付します。
 サービスを利用する際は、介護保険被保険者証とは別に「介護保険負担割合証」が必要になりますので、大切に保管しましょう

 

一定以上の所得がある方について

 利用者負担割合が2割となる「一定以上の所得がある方」とは、下記のいずれにも該当する方です。
  1. 65歳以上で本人の合計所得金額が160万円以上
  2. 同一世帯の65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が
    ・1人の場合:280万円以上
    ・2人以上いる場合:合計346万円以上

利用者負担割合の見直しについてのリーフレット(厚生労働省作成).pdf  PDF形式 :374.1KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


負担割合の適用期間について

  1. 毎年8月1日から翌年7月31日までとなります。
  2. 1の適用期間内において負担割合に変更が生じた場合は、適用期間が変更になる場合があります。

負担割合が変更になる場合

 負担割合が変更になったときは、南足柄市高齢介護課から新しい介護保険負担割合証を送付します。つきましては、介護保険のサービスを利用される際は、変更後の介護保険負担割合証を介護保険事業所に提示してください。なお、変更前の介護保険負担割合証は無効となりますので、南足柄市高齢介護課までご返却いただくようお願いします。
 負担割合が変更になった場合は、以下の点にご注意ください。
  • 65歳になった方が判定により2割負担になる場合は、誕生日の翌月初日(誕生日が1日の場合は、その月)から変更となります。
  • 住民税の所得更正によって負担割合が変更になった場合は、8月1日までさかのぼって変更となります。
  • 世帯の方の転出入や死亡により負担割合が変更になった場合は、その該当日の翌月初日(該当日が1日の場合は、その月)から変更となります。
  • 何らかの事情により負担割合が変更になった場合には、介護保険負担割合証が差し替えとなります。
 ※本来2割負担であったはずの期間に1割負担でサービスを受けていた場合
   ⇒介護保険から多すぎた給付分を返還するよう請求されます。
 ※本来1割負担であったはずの期間に2割負担でサービスを受けていた場合
   ⇒多く支払った1割分が介護保険から給付されます。

留意事項

  • 介護保険被保険者証は今までどおり、要介護(要支援)認定を申請するときやサービスを利用するときに必要になります。
  • 介護保険負担割合証を紛失してしまったなどの理由から、負担割合が不明な場合は、再交付申請をしてください。
  • 他の市区町村から転入したときは、転出元の市区町村より「受給資格証明書」が発行されます。負担割合が記載されているので南足柄市高齢介護課に提出してください。
  • 介護保険サービスの利用者負担額には、月額の上限額があるため、実際の負担額は、利用者負担が2割になった方全員がこれまでの2倍になるとは限りません。(高額介護サービス費などにより、還付される場合があります。)
  • 利用者負担割合が2割となった方で、負担額がどのくらいになるのかは、担当のケアマネージャー(入所している方は施設)にお問い合わせください。

最終更新日:2015年10月27日

この情報に関するお問い合わせ先

高齢介護課 高齢介護班(介護保険)

電話番号:0465-73-8057


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.