子宮頸がん予防接種

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンの接種について

 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)については、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。このため、本市においてもHPVワクチンについて当面の間、積極的勧奨を差し控えていました。
 その後、継続的にHPVワクチンの有効性や安全性等の議論が行われ、令和3年11月26日付けの厚生労働省の通知において、接種について積極的な勧奨を差し控える状態を終了することとされました。

接種にあたっては、以下の厚生労働省ホームページに掲載されているリーフレットやQ&A等をお読みいただき、HPVワクチンの接種の有効性とリスクを十分に理解した上で受けていただくようお願いいたします。

 また、積極的勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、時限的に、従来の対象年齢を超えて行う予防接種(キャッチアップ接種)を実施します。

 

定期接種

対象者
   小学校6年生〜高校1年生相当の南足柄市に住民登録のある女子 
接種期間
   
12歳となる年度の4月1日から16歳となる年度の3月31日まで

 

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版).pdf  PDF形式 :4.1MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版).pdf  PDF形式 :5.6MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


キャッチアップ接種

対象者
   
平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれで、南足柄市に住民登録のある女子
接種期間
   
令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間
 

接種回数・間隔

ワクチンの種類は2種類(サーバリックス・ガーダシル)あり、同じワクチンを3回接種します。

サーバリックス(ヒトパピローマウイルスの16型と18型の感染を防ぐ)

・2回目の接種は、1回目の接種から1か月以上(標準は1回目の接種から1か月)の間隔をおいて接種
・3回目の接種は、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上(標準は1回目の接種から6か月)の間隔をおいて接種

ガーダシル(ヒトパピローマウイルスの6型、11型、16型、18型の感染を防ぐ)

・2回目の接種は、1回目の接種から1か月以上(標準は1回目の接種から2か月)の間隔をおいて接種
・3回目の接種は、2回目の接種から3か月以上(標準は1回目の接種から6か月)の間隔をおいて接種

子宮頸がん予防ワクチンのリスク

 主な副反応は、発熱や局所反応(痛み、発赤、腫れ)です。また、ワクチン接種後に注射による痛みや心因性の反応等による失神が現れることがあります。
 まれに報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様症状(ショック症状、じんましん、呼吸困難等)、ギラン・バレー症候群(手足の力が入りにくい等)、血小板減少性紫斑病(紫斑、鼻出血、口腔粘膜の出血等)、急性散在性脳脊髄炎(頭痛、嘔吐、意識低下、片麻痺等)等が報告されています。

持ち物


・母子健康手帳
・健康保険証

 

実施医療機関一覧

南足柄市および足柄上郡、小田原市の実施医療機関については下記の名簿をご覧ください。

令和4年度 予防接種 実施医療機関一覧表(11月改訂)pdf  PDF形式 :71.6KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


※上記の指定医療機関以外で接種を希望される場合は、こども支援課にお問い合わせください。事前に手続きが必要です。
・接種を受ける際には、事前に希望される医療機関に電話で予約してください。
・3回の接種は同一の医療機関で受けるようにしてください。

HPVワクチンを自費で受けた方に対する接種費用の償還払いについて

HPVワクチンの積極的推奨の差控えにより、予防接種法による定期予防接種の機会を逃し、定期接種の年齢を過ぎてHPVワクチンを自費で接種した方に、申請により費用の助成(償還払い)を行います。

対象者

以下の全てに該当する方が対象です。
  1. 平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女子
  2. 令和4年4月1日時点で南足柄市に住民登録があること
  3. 16歳となる日の属する年度の末日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種において3回の接種を完了していないこと
  4. 17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに日本国内の医療機関で組換え沈降2価HPVワクチン又は組換え沈降4価HPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担したこと
  5. 償還払いをうけようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていないこと

申請期間

令和7年3月31日まで

申請の手続き

申請書類を、こども支援課に提出してください。

南足柄市関本569番地ヴェルミ2 3階 こども支援課
 

提出書類

  • ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(請求書)

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(請求書).pdf  PDF形式 :54.6KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


  • 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し(申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの) ※申請時住所記載の住民票、運転免許証、健康保険証(両面)などいずれかひとつ
  • 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードのコピー(口座番号等確認用)

  • 予防接種費用を支払った事実、その額及び接種回数を証明できる書類の原本(領収書、明細書等)
 ※上記の書類を提出できない場合、償還額は償還払いの申請日の属する年度における本市が定めるヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種に係る基準単価となります。

  • 申請者の接種記録が確認できる母子健康手帳、予防接種済証又は接種済みの記載がある予診票等の写し
 ※上記の書類を添付することができない場合は、下記書類を提出してください。

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書.pdf  PDF形式 :14.2KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2022年11月16日

この情報に関するお問い合わせ先

こども支援課 こども健康班

電話番号:0465-73-8377


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.