ごみ処理広域化について

あしがら上地区資源循環型処理施設整備調整会議

 あしがら上地区資源循環型処理施設整備調整会議(南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の足柄上地区1市5町)では、足柄上地区のごみ処理広域化を推進する取り組みを進めています。

足柄上地区ごみ処理広域化の概要について

 ごみ処理施設からダイオキシン類の発生による環境汚染が大きな社会問題になったことから、国はごみ処理に伴うダイオキシン類の排出削減を図るため、平成9年に『ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止ガイドライン』を策定するとともに、都道府県に対し、『ごみ処理広域化計画』を策定するよう示されました。
 神奈川県では、循環型社会の構築を目指すとともに、ごみ処理を取り巻く様々な課題に対応するために、平成10年に『神奈川県ごみ処理広域化計画』を策定しました。この計画は、県内を9ブロック(現在は12ブロック)に分け、ごみ処理広域化実施計画を策定するというものです。足柄上地区1市5町(南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町)は、2市8町の『県西ブロック』(足柄上地区1市5町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町)に位置付けられています。
 しかし、足柄上地区では、現有施設の老朽化への対応として、『足柄上地区ごみ処理広域化に関する協定書』を平成14年3月に結び、『あしがら上地区資源循環型処理施設整備調整会議』の中に、『あしがら上地区資源循環型処理施設整備準備室』を設置し、ごみ処理広域化に向けた検討を開始しました。
 民間事業者による広域ごみ処理プロジェクトや、小田原市・南足柄市「中心市の在り方」に関する任意協議の開始に伴い、2度にわたり業務を縮小しましたが、足柄上地区でのごみ処理広域化推進の必要性が高まってきたことから、改めて平成31年4月に足柄上地区1市5町を枠組みとする『あしがら上地区資源循環型処理施設整備準備室』を再開し現在に至っています。

足柄上地区ごみ処理広域化に向けた基本方針(案)パブリックコメントの実施について

 本方針は、ごみ処理広域化に当たっての課題の整理を行い、ごみ処理広域化に向けた基本的な考え方を定めることを目的とし、足柄上地区1市5町のごみ処理広域化の推進方策を取りまとめたものです。

 足柄上地区ごみ処理広域化に向けた基本方針(案)については、令和3年2月1日(月)から令和3年3月3日(水)の期間で、パブリックコメントを実施しました。
 
 南足柄市0人、中井町0人、大井町3人、松田町3人、山北町2人、開成町1人から総数41件のご意見をいただきました。
 準備室では、そのうち33件の意見について、次のとおり取りまとめたので回答します。
 なお、8件の個別の町に対する意見については、各町から回答を行います。

パブリックコメントの意見の概要と広域の考え方.pdf  PDF形式 :848.5KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


 

最終更新日:2021年04月15日

この情報に関するお問い合わせ先

環境課 広域環境対策班

電話番号:0465-73-8006


南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.