地方創生関係の交付金実施事業の概要

平成28年度の地方創生関係交付金実施事業

地方創生加速化交付金実施事業の概要

 地方創生一億総活躍社会の実現に向けた緊急対応策として、「地方版総合戦略」に位置付けられた先駆的な取組を支援する「地方創生加速化交付金」の交付対象事業の採択を受けました。平成28年度予算で次の4つの交付対象事業を実施し、「南足柄にしごとをつくる」、「南足柄に人の流れをつくる」、「若い世代を応援し、希望をかなえる」、「時代に合った地域づくり」を進めていきます。

事業Ⅰ 働く!育てる!ビレッジ構想  
~若者と女性が希望をもって働き、子育てができるビレッジ~(19,522千円)

1.ビレッジのデザイン( 南足柄市新産業整備に向けた検討事業)

地域経済の振興と就労の場を確保するために、竹松壗下地区の市街地を整備し、企業誘致を推進します。
平成27年度に実施した市内企業へのヒアリング調査結果等に基づき、立地環境や産業動向を把握するとともに、未病関連産業などの新産業の誘致について検討します。          
 
(1)誘致体制の検討
足柄産業集積ビレッジ構想事業推進協議会を設立し、企業誘致優遇制度の検討や企業誘致に関する課題を整理します。
 
(2)企業立地に関する現状把握
企業立地に係る基礎的な環境の状況分析(立地、産業構造等)、企業誘致の方向性を検討します。
 
(3)企業誘致ニーズ調査
企業に対するアンケート調査、パンフレットの作成、立地に関心のある企業に対するヒアリングを実施します。

2.ビレッジ推進プログラム(竹松壗下地区整備プログラム検討事業)

足柄産業集積ビレッジ構想を推進するため、平成27年度に竹松壗下地区において検討した「土地区画整理事業」と「民間活力の活用を前提とした事業手法」の比較検討から得た結果に基づき、次の項目を実施します。

(1)地権者等合意形成
権利者へのまちづくり勉強会、説明会及び土地活用の意向調査を行います。

(2)事業の検討
事業エリアの検討、エリア別の事業手法の検討、事業シミュレーションの検討、整備プログラムを検討します。

3.ビレッジ住宅地区まちづくり事業(和田河原・塚原地区のまちづくり促進事業)

和田河原塚原地区では、市街化調整区域の性格を変えない範囲におけるまちづくりについて、地権者を含め一緒に検討する環境整備が必要です。
 
(1)まちづくりの具体的な検討
大学と連携し、住民(地権者)へまちづくりに関する意向確認、地区における課題分析を行い、まちづくりのイメージの視覚化やワークショップ等によるまちづくりの具体的な検討を進めます。

事業Ⅱ 金太郎のふる里の訪問から、あしがLIFEに導くパッケージ事業(定住・交流促進)
(56,478千円)

1.金太郎のふる里再生事業(北足柄地区活性化事業)

(1)地蔵堂地区の「景観重点地区」指定への取組み
地蔵堂地区を「景観重点地区」に指定することを目的に魅力ある観光地をつくります。地域の方々とワークショップを開催し、地域の将来像や課題について意見交換を行います。
※景観重点整備地区とは、景観形成を図る必要があると認められる地区について住民等の合 意形成を図りながら、 地区独自の景観形成の基準等を定め、地区整備の推進や建築物の誘導等により、景観の整備・保全を図るものです。

(2)夕日の滝周辺整備事業
夕日の滝周辺の遊歩道を整備します。
 
(3)南足柄みらい創りプロジェクト
交流人口の増加と地域産業の活発化のため、南足柄みらい創りプロジェクトの市民活動プログラムを支援するとともに、運営の拠点となる廃校の環境を整備します。
※南足柄みらい創りプロジェクトの取組みは、交流人口を拡大させ、地域の活性化を図るた め、富士ゼロックス株式会社と協働で進めている事業です。多様な人々による対話会で交流プログラムを立案し、試行しています。
(4)新たなライフスタイルを都心住民に発信する、あしがLIFE発信事業
農業やハイキングなど、新たなライフスタイルの提案や新たな地域資源の魅力を再発見し、「行きたいまち」、「住みたいまち」として選ばれるために必要なデータ収集、分析を行い、生涯活躍のまちづくり事業のスキームをつくります。

2.空き家等実態調査事業

空き家等の実態を把握し、データベース化することにより、今後の空き家等の活用と定住化を促進します。
(1)空き家の実態調査
(2)所有者の特定と意向把握
(3)空き家等のデータベース化

事業Ⅲ 未病の戦略的エリア「未病いやしの里」構築事業(2,000千円)
【広域連携事業 神奈川県、県西2市8町】

1.「未病を治す」健康生活普及促進事業

(1)健康測定機器等の購入
(2)栄養、運動等の講習会の開催

事業Ⅳ あしがらローカルブランディング推進事業(2,000千円)
【広域連携事業 南足柄市、足柄上郡5町】

1.「あしがらエリア」の知名度、イメージアップ推進事業

(1)足柄上1市5町で構成するローカルブランディング推進組織への参画
   (構成メンバー:市町、観光協会、商工会、公共交通機関、観光関連事業者、有識者等)
(2)プロモーション動画の作成や地域版旅行情報誌の発行
(3)足柄上地区内や都心部などでのPRイベントの開催

平成27年度以前の地方創生関係交付金実施事業

平成27年度地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)上乗せ交付分申請事業

1 「認知症を予防する」特産品ブランディングによる地域産業活性化事業~認知症予防に効果を持つ新たな高機能食資源を活用した6次産業化~【36,000千円】
(事業年度:平成27年度)

 メディカル・ヘルスケア分野で実績のある富士フイルム株式会社とタイアップし、認知症に効果のある植物の耕作放棄地等での栽培や、予防食品の開発及び加工生産、効果の検証、普及・広報などを実施しました。また、認知症予防のための運動プログラムの普及活動を行いました。

2 移住・交流促進シティプロモーション事業【10,000千円】
(事業年度:平成27年度)

 南足柄市への移住や交流を促進するため、キャッチフレーズやロゴマークなどの市の基本イメージを設定し、南足柄市のライフスタイルイメージを描いたプロモーションブックを作成しました。
 また、シティプロモーション活動の戦略方針を策定しました。

平成26年度地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地域消費喚起・生活支援型)

1 消費喚起プレミアム商品券発行事業【29,476千円】
(事業年度:平成26年度~平成27年度)

 地域における消費喚起やこれに直接効果を有する生活支援を推進するため、南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町では、1市4町で利用可能なプレミアム付商品券を発行しました。

平成26年度地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)

1 南足柄市人口ビジョン・総合戦略策定事業【10,000千円】
(事業年度:平成26年度~平成27年度)

 人口減少と少子高齢社会の進行、地域経済の低迷、雇用の悪化、地域コミュニティの変化などの課題を解決するため、人口分析、経済分析などの専門的な調査や分析等を行い、「南足柄市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略」を策定しました。

2 南足柄市産業創出促進事業【15,847千円】
(事業年度:平成26年度~平成27年度)

 南足柄市の人口減少は、就業機会の減少に起因するところが大きく、産業の創出を図り、新たな雇用の場を産み出していく必要があります。
 産業創出に向けた取り組みとして、足柄産業集積ビレッジ地区の現況調査や企業立地計画の策定、企業動向の情報収集など、足柄産業集積ビレッジ構想を推進するための事業を実施しました。

最終更新日:2016年07月07日

この情報に関するお問い合わせ先

企画課 企画政策班

電話番号:0465-73-8001


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.