もしも南足柄で暮らしたならば…

暮らしの優先順位を整理してみると見えてくる「イチバン」があります。

水と空気の価値観

南足柄市の水と空気は、きれいです。ミネラルウォーターを買う時代ですが、ここではおいしい水は蛇口を回せば出てきます。お風呂やシャワー、洗濯、料理、生活のありとあらゆるシーンで使用する水そのものが「きれい」であることは、大きなアドバンテージです。まして空気は、目に見えません。その違いは、体の調子として現れます。水と空気のクォリティは、あなたとあなたの家族にとって、どれくらいの優先度でしょうか?

都市との程よい距離感

市内には、伊豆箱根鉄道大雄山線の駅が6つあります。大雄山駅から小田原駅までは21分。12分おきに発着しています。大雄山駅前(関本)からは小田急線新松田駅行きのバスが15分おきに出ていて、都心までは1時間半程度。必要があれば行けばいい、その程よい距離感が、このまちの価値観なのです。

12分ごとに発着、大雄山駅

12分ごとに発着、大雄山駅

南足柄版ネウボラ

南足柄版ネウボラ

子育て支援施設 / 赤ちゃんひろば

子育て支援施設 / 赤ちゃんひろば

体育センター / トレーニングルーム

体育センター / トレーニングルーム


幼稚園・保育施設での自然体験

幼稚園・保育施設での自然体験

南足柄市立図書館

南足柄市立図書館

文化会館(金太郎みらいホール)

文化会館(金太郎みらいホール)

地産地消の学校給食

地産地消の学校給食


「農」に学べる環境

四季の移ろいの中で米が育ち、野菜が収穫される。そんな当たり前のことを知らずに育つ子どももいます。大地の恵みとその担い手への感謝の気持ちを、学校で教わるのではなく、日々の生活の中で感じとれる環境であることが、自慢です。

美味しくて安心の「食」

市内の小中学校では、地域農家が栽培した作物を取り入れた地産地消の学校給食を提供しています。生産者の顔が見える安全で安心な給食を子どもたちに食べてもらいたい、そして多くを学びとってほしい、そう願っています。

子育ての視点

出産や子育ての様々な不安を取り除き、安心して出産し、子育てにのぞめるように、助産師や保健師などの専門スタッフが出産前から就学前まで切れ目なくサポートする「出産・子どもネウボラ事業」を行っています。通常の乳幼児健康相談の他に妊婦相談が加わり、相談体制が充実しています。
また、親子の絆を深めるタッチケア講習会や、そだれん「怒鳴らない子育て練習講座」、パパのための子育て応援講座「きんたろうパパスクール」など、親として育つための仕組みも用意しています。地域での交流の場としては「子育て支援センター」や、シルバー人材センターが運営する子どもの一時預かり保育施設「ばーば倶楽部」などもあります。
自然豊かなこの地で、地域の人たちに見守られながら、子どもと共にゆるやかな時間を過ごすことができます。


南足柄ライフの達人インタビュー

豊久さん家族
池田さん家族

南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.