国民健康保険税の特別徴収

国民健康保険税が年金から天引き(特別徴収)されます

平成20年度より国民健康保険法の改正により、被保険者の皆様に、個別に金融機関等の窓口でお支払いいただくなどの手間をおかけしないようにするなどの趣旨から、国民健康保険税を年金からお支払いいただく仕組みが導入されました。

対象者

65歳から74歳までの世帯主の方であって、次の1〜3のすべてに当てはまる方は、平成20年10月15日に支給される年金から、保険税 (2ヶ月分に相当する額)が天引き(特別徴収)されます。ただし、口座振替による納付を継続している方及び年度途中に75歳に到達する方は除きます。
  1. 世帯主が国民健康保険の被保険者となっていること
  2. 世帯内の国民健康保険の被保険者の方全員が65歳以上75歳未満であること
  3. 特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であり、国民健康保険税と介護保険料を合わせて、年金額の2分の1を超えないこと

世帯の構成による特別徴収・普通徴収の判定例

(1)特別徴収に該当する世帯
   例1 世帯主(国保)72歳、妻(国保)68歳
   例2 世帯主(国保)72歳、妻(国保)68歳、子(職場の健康保険など)40歳
 

(2)普通徴収(今までどおり)の世帯
   例1 世帯主(国保)72歳、妻(国保)63歳
   例2 世帯主(後期高齢者医療制度)78歳、妻(国保)68歳
   例3 世帯主(職場の健康保険など)72歳、妻(国保)68歳
   例4 世帯主(国保)72歳、妻(国保)68歳、子(国保)40歳

特別徴収をする時期

特別徴収を開始する時期は、毎年10月分からとなります。
特別徴収される方の今年の4月、6月、8月分の特別徴収分については、原則、前年の2月分と同額を特別徴収(仮徴収)させていただきます。
徴収月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
開始年度 普徴 普徴 普徴 本徴 本徴 本徴
翌年度以降 仮徴 仮徴 仮徴 本徴 本徴 本徴
※普徴:普通徴収、本徴:本徴収(特別徴収)、仮徴:仮徴収(特別徴収)
特別徴収をされている方で、今後の保険税を口座振替でお支払の手続きをしたうえでお申し出いただきますと年金からの特別徴収を中止することもできます。

最終更新日:2016年08月01日

この情報に関するお問い合わせ先

市民課 保険年金班(国民健康保険)

電話番号:0465-73-8021


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.