神奈川県指定文化財 足柄山誓光寺 足柄地蔵尊 御開帳

地蔵堂 お堂外観
  足柄山は金太郎伝説の地であり、地蔵堂周辺にも金太郎にゆかりある場所がたくさんあります。
  また、地蔵堂は古代からの難所である足柄峠の道中にあり、そこに所在する地蔵尊には多くの旅人が
 安全を祈願し、歩みを進めたことでしょう。

  今回、地蔵堂地区に所在する足柄地蔵尊(県指定重要文化財)が数百年の時を超え、公開されます。

  鎌倉時代から約700年、数多の災害を乗り越え二十戸余りの檀家が大切に守り続けてきたお地蔵様に
 ぜひ会いにきてください。

御開帳 スケジュール

●11月21日(土)
9:00 御開帳 開廟式
開扉法要
10:00 拝観開始
13:30~13:45 お念仏
16:30 一日目御開帳 終了
●11月22日(日)
8:30 御開帳
10:30~11:15 お念仏
11:30~12:00 足柄ばやし保存会による演奏
13:30~14:15 お念仏
14:30~15:00 雅楽演奏
16:00 閉扉法要 
餅まき
16:30 閉扉式 御開帳終了
※スケジュール内容に変更が生じる場合があります。

御開帳情報

交通アクセス
(車)東名高速大井松田ICより、南足柄方面へ進み約40分

(電車・バス)JR・小田急線小田原駅より、
       伊豆箱根登山鉄道大雄山線終点 「大雄山駅」下車
       駅前から地蔵堂行きバスに乗り、「地蔵堂」下車

(タクシー)大雄山駅前から約20分
 
駐車場
地蔵堂駐車場

駐車台数に限りがあります。 
その他  
お越しの際は「南足柄市 地蔵堂」とナビに入力してください。
「足柄山誓光寺」の寺院名でのナビ検索ができません。

十分に暖かい服装でお越しください。
お問合せ
曹洞宗 足柄山誓光寺
檀家代表 佐藤
℡0465(74)5812
 

神奈川県指定文化財 地蔵菩薩立像

 【造立年代】鎌倉時代(13世紀) 
 【像  高】160.5cm
   足柄地蔵尊と呼ばれ、玉眼の技法を使い、左手に宝珠、右手に錫杖を持ち、構造は寄木造りです。
  身体は黒漆で彩られ、着衣は朱漆塗地に銀泥で文様が描かれています。
   本像には、「一木三体の作」の伝承があり、一本の霊木から三体の地蔵尊が造立されたといわれ、
  一体は駿東郡小山町の竹之下に、もう一体は小田原市の板橋に安置されていると伝えられています。
   なお、本像は乳の病にご利益があるように、と女性の信仰が篤かったものです。
 

神奈川県指定文化財 地蔵堂内厨子

 【屋 根】間口 256cm  奥行 147cm
 【本 身】間口 166cm  奥行 99cm
 【台 座】間口 178cm  奥行 110cm
 【軒 高】182cm
   本尊の地蔵菩薩が納めれている厨子であり、三間(柱間)四方の入母屋造りの屋根に、軸部を禅宗様、
  軒を和様とした折衷様式で、鎌倉を中心に分布する禅宗様に対して特色があります。
   また、木鼻が上部の貫だけでなく下部の貫にもつけられていることや天井が丁寧に造られていることも
  珍しいです。

>> 大きい地図を表示

最終更新日:2020年06月01日

この情報に関するお問い合わせ先

文化スポーツ課 文化スポーツ班(文化)

電話番号:0465-73-8062


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.