熱中症に気をつけましょう

 気温が高い日が続く今の時期は、熱中症の危険性が高まります。熱中症は、適切な予防をすれば防ぐことができます。また、熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。一人ひとりが、熱中症予防の正しい知識をもち、自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけ合って、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症とは・・・

 熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
 熱中症の症状は、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感、意識消失、けいれんなどです。

熱中症の予防法

水分・塩分補給

  • のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給(高齢者、乳幼児は特に意識した水分補給が必要)
  • コーヒー、緑茶などに含まれるカフェインや、アルコール類は利尿作用があるため、麦茶、水などで補給
  • たくさん汗をかいた後は、スポーツドリンクなどで水分だけでなく塩分も補給

熱中症になりにくい室内環境

  • 扇風機やエアコンを使った温度調整
  • 室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
  • こまめな室温確認

体調に合わせた取り組み

  • こまめな体温測定(特に体温調整が十分でない高齢者、障害児・障害者、子ども)
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却

外出時の準備

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

注意していただきたいこと・お願いしたいこと

  1. 暑さの感じ方は人によって異なります!
     人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して、暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて、万全の予防を心がけましょう。
  2. 高齢者、幼児は特に注意が必要です!
     熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調整機能も低下しています。のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給をしたり、暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調整をするように心がけましょう。
     また、幼児は体温調節機能が十分発達していません。晴れた日には、地面に近いほど気温が高くなり、大人以上に暑い環境にいることになるので、特に注意が必要です。
  3. まわりが協力して、熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です!
     一人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症の予防を呼びかけ合うことで、熱中症の発生を防ぐことができます。特に、熱中症にかかりやすい高齢者、障害児・障害者や子どもについては、周囲が協力して注意深く見守るようにしましょう。
  4. 節電を意識しすぎるあまり、健康を害することのないようご注意ください!
     気温が高い日や湿度の高い日には、決して無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。

熱中症になった時の処置は

  1. エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服をゆるめ、身体を冷やす。
  3. 水分・塩分・経口補水液など補給する。

※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう!

最終更新日:2018年07月10日

この情報に関するお問い合わせ先

健康づくり課 保健予防班

電話番号:0465-74-2517


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.