郵便等による不在者投票

郵便等による不在者投票について

身体に重度の障害があり、一定の要件に該当する方は、郵便等による不在者投票の制度をご利用いただけます。
郵便等による不在者投票は、あらかじめ郵便等投票証明書の交付を受ける必要があります。

郵便等による不在者投票ができる人とは?

次の手帳を
お持ちの方
記載されている障害名 障害の程度
身体障害者手帳 両下肢・体幹・移動機能の障害 1級または2級
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害 1級または3級
免疫・肝臓の障害 1級から3級
戦傷病者手帳 両下肢・体幹の障害 特別項症から第2項症
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障害 特別項症から第3項症
介護保険の被保険者証の交付を受けている方 記載されている要介護状態区分
要介護5
※郵便等による不在者投票は、あらかじめ郵便等投票証明書の交付を受ける必要があります。

郵便等投票証明書の交付申請手続き

郵便等投票証明書の交付申請手続き
  1. 選挙管理委員会に用意してある「交付申請書」に必要事項を記入してください。申請をしようとする人の署名が必要です。
  2. 記入済みの「交付申請書」+身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳または介護保険の被保険者証のいずれかを添えて、申請してください。
  3. 選挙管理委員会から、「郵便等投票証明書」が郵送で交付されます。

※郵便等投票証明書の申請は、選挙に関係なく、いつでも受付けています。早めの手続をおすすめします。
 

※有効期間にご注意ください

期限が切れた場合には、再申請が必要になります。
  • 要介護者以外の方…交付の日から7年
  • 要介護者の方…交付の日から介護保険被保険者証に記載されている要介護認定の有効期間の末日まで

郵便等による投票の手続き

郵便等による投票の手続き
  1. 選挙管理委員会より郵便等投票証明書をお持ちの方へ、投票用紙等の「請求書」をお送りします。記入済みの「請求書」(本人の署名が必要)+「郵便等投票証明書」の2点を揃えて、選挙期日の4日前までに選挙管理委員会へ到着するよう返送してください。
    ※郵送でも、代理の方が直接窓口へお持ちくださってもかまいません。
  2. 選挙管理委員会からご自宅等へ、投票用紙・投票用封筒を郵送でお送りします。
  3. 本人が投票用紙に記載し、投票用紙を内封筒に入れ封をします。内封筒を外封筒に入れ封をし、外封筒に投票した場所を記載し、本人が署名します。
  4. 必ず郵送により、投票用紙の入った二重封筒を、選挙期日(投票日)までに選挙管理委員会へ返送してください。(郵便等投票証明書を送る必要はありません)
    ※郵便事情を考慮して、早めに返送してくださいますようお願いいたします。

代理記載制度

郵便等による不在者投票ができる選挙人で、自ら投票の記載をすることができないものとして定められた事項に該当する方は、あらかじめ市区町村の選挙管理委員会の委員長に届け出た者1人(選挙権を有する者に限ります)に、投票に関する記載をさせることができます。

代理記載の方法による投票ができる人とは?

郵便投票ができる方(上記参照)で、次の事項に該当する方。

  • 身体障害者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が1級であると記載されている方
  • 戦傷病者手帳に上肢又は視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までと記載されている方
    あらかじめ、代理記載の対象者用の郵便等投票証明書の交付を受ける必要があります。

代理記載の対象者であることの証明手続き&代理記載人の届出の手続き

下記の書類を揃えて申請してください。選挙管理委員会より、「郵便等投票証明書」が郵送で交付されます。
  すでに郵便等投票証明書をお持ちの方 新規に郵便等投票証明書の交付を申請される方(同時申請)
必要書類 選挙管理委員会に用意してある「代理記載の対象者に該当する旨の申請書」(署名不要) 選挙管理委員会に用意してある「郵便等投票証明書交付申請書(代理記載制度用)」(署名不要)
郵便等投票証明書 ×
× 郵便等による投票対象者であることを示す書類 (身体障害者手帳・戦傷病者手帳・介護保険の被保険者証のいずれか)
上肢又は視覚の障害の程度を示す書類(身体障害者手帳もしくは戦傷病者手帳)
代理記載人となるべき者の届出書
代理記載人となることの同意書及び宣誓書(代理記載人の署名が必要です。)

代理記載人の人数、代理記載人の変更にご注意ください

代理記載人として届け出られるのは1人だけです。代理記載人を変更する場合は、証明書の記載等の変更が必要になります。選挙管理委員会までお問合わせください。

有効期限にご注意ください

すでに郵便等投票証明書をお持ちの方が、新たに代理記載の対象者であることの証明を受ける場合、有効期間はお持ちの証明書の期間がそのまま引き継がれます。

罰則

代理記載人が選挙人の指示する候補者名を記載しなかった等の場合には、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処せられます。

代理記載の方法による投票の手続き

代理記載の方法による投票の手続き
  1. 選挙管理委員会より郵便等投票証明書をお持ちの方へ、投票用紙等の「請求書」をお送りします。
    記入済みの「請求書」(代理記載人の署名が必要です。)+「郵便等投票証明書」を揃えて、選挙期日の4日前までに選挙管理委員会へ請求してください。
    ※郵送でも、代理の方が直接窓口へお持ちくださってもかまいません。
  2. 選挙管理委員会からご自宅等へ、投票用紙・投票用封筒を郵送でお送りします。
  3. 選挙人の指示により、候補者名等を代理記載人が投票用紙に記載します。投票用紙を内封筒に入れ封をし、内封筒を外封筒に入れ封をします。外封筒に投票した場所・選挙人氏名を記載し、代理記載人が署名します。
  4. 必ず郵送により、投票用紙の入った二重封筒を、選挙期日(投票日)までに選挙管理委員会へ返送してください。(郵便等投票証明書を送る必要はありません)
    ※郵便事情を考慮して、早めに返送してくださいますようお願いいたします。

最終更新日:2014年02月28日

この情報に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局 選挙班

電話番号:0465-73-8039


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.