協働のまちづくり通信

第26号(令和3年2月22日発行)

第26号では、南足柄寺子屋塾(後援:南足柄市教育委員会)について取り上げます。

南足柄寺子屋塾
人生の先輩の話を聴こう~大人の方もお気軽に

南足柄寺子屋塾

写真中央は代表の石川寿一氏

 第4日曜日の午後、女性センターで「南足柄寺子屋塾」が開かれています。開講は平成28年5月。発起人であり代表を務める石川寿一さん(中沼)が毎回多彩なゲスト講師をお迎えし、受講者がその体験談などにじっと耳を傾ける時間となっています。
 今月(2月)、4月、5月の予定が決まりましたのでお知らせします。


日 時 2月28日(日)午後1時30分~4時
場 所 女性センター研修室1
テーマ 1部「左足に障害あるも今も元気に活動」、2部「1部の感想・マトメなど」
講 師 1部 中村敬氏(南足柄市スポーツ協会副会長)、2部 石川寿一氏
参加費 1,000円(飲み物あり。大学生以下は無料)
定 員 原則15名
申込先 石川代表 090-9249-7359
t-ishi@rd6.so-net.ne.jp
次回以降の予定
月 日 4月25日(日)
講 師 五味陸仁氏(元TBSアナウンサー・報道局解説委員)
月 日 5月23日(日)
講 師 津田三佐雄氏(南極(難局)物語 72才の冒険男)
 開催の経緯等、詳細は「協働のまちづくり通信第19号」でご紹介しています。ぜひご覧ください。

協働のまちづくり通信 19(2020.2.17) .pdf  PDF形式 :950.7KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


第25号(令和2年12月28日発行)

 第25号では、ワッショイみなみあしがら博覧会と災害時協力協定の締結を取り上げます。 

ワッショイみなみあしがら博覧会 1/17まで
「今こそ先人たちに学び、苦境を乗り越えよう」

”ワッショイみなみあしがら”博覧会
 大雄山駅前ヴェルミ2の3階で、南足柄市の祭りや歴史にスポットを当てたワッショイみなみあしがら博覧会が実行委員会形式で開催されています。実行委員長の新谷一文さん(関本・写真上)は開催の動機について「新型コロナウイルス感染症が拡大し収束が見えない中、今こそ郷土の歴史に光を当て、過去の地震や洪水、伝染病などの災害に対し、先人たちがいかにして苦境を乗り越えてきたか、そして地域の結びつきや助け合いがいかに大切か改めて考えてみるきっかけになれば」と話します。

 会場には、新谷実行委員長が「地域の結びつきを醸成するために大いに役立つ」と考える祭りや伝統行事に関し、金太郎まつりや足柄神社祭、八幡神社祭などの映像や写真パネル、市指定文化財の山車彫り物のほか、歴史や観光の分野で活動している市民活動団体等によるパネルなどが掲出されています。ルートに沿って見学すると、かなりの時間を要する見ごたえたっぷりの展示構成となっています。

 また、入場整理券は、怪童丸(金太郎)の疫病退散御守「赤絵」を兼ねています。金太郎の赤絵については、南足柄市観光協会のホームページで取り上げられています。興味深い内容ですので、こちらもぜひご覧ください。
開催期間 令和3年1月17日(日)まで開催中
     時間は午前10時~午後5時30分
     ※正月期間(12/30~1/3)は除く
会  場 大雄山駅前ヴェルミ2の3階
問い合わせ先 市民協働課(女性センター内) 73-8071

災害時における電動車両等の支援に関する協定を締結

三菱自動車との災害時協力協定
災害時協力協定

 12月14日、南足柄市は三菱自動車工業(株)及び東日本三菱自動車販売(株)と「災害時協力協定」を締結しました。協定締結により、災害時に停電が発生した際には、給電等に活用できる同社製のプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)の提供を受けることができ、災害時の電力供給体制の強化及び応急対策の充実が図られます。
 また、当日は市役所玄関前市民広場で、電動車の「アウトランダーPHEV」及び「エクリプスクロスPHEV」から電化製品(電子レンジ、ケトル、照明、携帯充電器、電気毛布等)への給電のデモンストレーションも実施されました(写真下)。


第24号(令和2年10月27日発行)

 第24号では、慶應義塾大学による「まちサロン」設計プロジェクト、南足柄市と遠野市連名でのPPP(公民連携)アワード入賞、オンラインで再開された100人カイギの結果を取り上げます。
 

慶應義塾大学による「まちサロン」設計プロジェクト
農園を地域のコミュニティガーデンに

まちサロン
▲岡本コミュニティセンターの駐車場で竹材を使った移動式建築物「まちサロン」の組み立てを行った慶應義塾大学理工学部の皆さん。

 「耕作されなくなってしまった農園や趣味程度でのみ利用されている農園が多くなる中、農園を地域のポテンシャルとして捉えてはどうだろうか」

 慶應義塾大学理工学部のホルヘ・アルマザン研究室が、南足柄市に現存する一部の農園を地域のコミュニティガーデンとして活用し、事業として展開してはどうかと昨年度から調査研究を進めており、南足柄みらい創りカレッジや(株)BOUNDLESS、(株)Root、地域のボランティアの皆さん、南足柄市が協力しています。

 農園を地域のコミュニティガーデンに……。イメージとしては、地域の住民が徒歩で移動できる範囲にある農園、コミュニティガーデンに集まって作物について話したり、収穫した野菜でBBQをしたりして交流をするほか、農園のない他地域、市外の人たちなどが南足柄市を訪れるきっかけとしても活用し交流人口の増を図るもの。また、農園の周辺にある高齢者施設や保育施設とも協力し、地域に農業をきっかけとした健康的で持続可能なコミュニティを作り出そうとするものです。

 10月18日と19日、同研究室がこの研究の調査のためにインタビューを行う拠点となる移動式建築物「まちサロン」の設計ワークショップを開催しました。材料は地域資源である竹材で、森林ボランティア協議会会員の安藤周仁さん(三竹)が提供。安藤さんは、学生と一緒に竹材の切り出しから運搬、組み立てまで協力してくださり、2日間の日程で設計、施工に向けてのデザインや構造的強度等を検討するための実験を行うことができました。
 
まちサロン
まちサロン
まちサロン


▲写真2枚目左が安藤周仁さん(三竹)。
 同研究室では、「事業の展開に向けて今後も南足柄市や農業の専門家、地域のボランティアなどと連携をするとともに、行政や地元団体、住民が気軽に話をしたり意見を共有したりする場としても、まちサロンが活用できれば」としています。
 

まちのチカラを引き出したPPPアワード2020
公民連携事業 南足柄市と遠野市が連名で入賞

2020イノベーション・サマー・カレッジ
▲8月17日から3日間の日程で行われた「イノベーション・サマー・カレッジ」(前号で紹介)。南足柄みらい創りカレッジと南足柄市の協働事業として2017年度から毎年行われている。
 
 このたび、日経BP総合研究所による「まちのチカラを引き出したPPPアワード2020」に一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ(代表理事:樋口邦史氏)と南足柄市による連携事業「イノベーション・サマー・カレッジ」が入賞しました。

 この賞は、公民連携の質的向上を図ることなどを目的に設けられ、人口20万人未満の自治体におけるPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ=公民連携)事業のうち、先進的な取組みが表彰されるものです。全国で25件の公民連携事業が入賞しています。

 また、今回の受賞は、東日本大震災での支援活動等を通じて交流が深まり防災協定を結ぶ岩手県遠野市(本田敏秋市長)と一般社団法人遠野みらい創りカレッジによる連携事業を合わせたもので、連名によるうれしい受賞となっています。

 イノベーション・サマー・カレッジは2017年度から毎年実施している事業で、地元の高校生らが様々な国からの留学生や大学生らとともに、持続可能な地域づくりをテーマに、地域の課題解決に向けた研究、討議、発表をしていく中で人材育成につなげていくプログラムとなっています。
2017イノベーション・サマー・カレッジ
2018イノベーション・サマー・カレッジ
2019イノベーション・サマー・カレッジ

▲(1枚目)2017年度は「観光と食をテーマに南足柄の未来を作る」を、(2枚目)2018年度は「持続可能な地域づくり~パーマカルチャー」を、(3枚目)2019年度は「国際交流まちづくりサロン・移動式パビリオンで地域の交流拠点」をそれぞれテーマにして開催した。
 

オンラインで復活 南足柄100人カイギvol.13
和やかで ゆるやかなつながり

100人カイギ
 新型コロナウイルス感染症の影響で延期となっていた南足柄100人カイギが、10月11日(日)、道の駅足柄・金太郎のふるさとの交流施設からオンラインで発信されました。

 進行役の100人カイギ運営事務局山崎由恵さんによる軽妙なトークでのゲストスピーカーとのやりとり、質問コーナーなど、今までとは一味違った面白さもあり、オンラインならではのライブ感が楽しめます。
 
100人カイギ
100人カイギ

▲運営事務局の原田緑さんのグラレコも健在です。また、11月5日には100人カイギsummit2020で、(株)Root代表取締役の岸圭介さんが出演します。詳細は南足柄100人カイギのfacebookで。

第23号(令和2年9月15日発行)

 第23号では、8月17日から19日まで3日間の日程で行われた南足柄みらい創りカレッジによる自主事業「イノベーション・サマー・カレッジ2020」を取り上げます。

PDF版はこちらから…

協働のまちづくり通信 23(2020.9.15) .pdf  PDF形式 :834KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


イノベーション・サマー・カレッジ2020

▲南足柄みらい創りカレッジによる自主事業「イノベーション・サマー・カレッジ2020」に参加された皆さん。全3日間のプログラムを終え、ほんの少しの時間マスクを外して。

南足柄みらい創りカレッジによる人材育成事業
南足柄をフィールドに 高校生や大学生が相互に学び合う

 イノベーション・サマー・カレッジ2020は、地域の高校生が首都圏の大学生や留学生、社会人とともにイノベーションを起こすことに挑戦する3日間のプログラムとして、南足柄みらい創りカレッジ(樋口邦史代表理事:写真上3列目右)が主催するものです。期間中、高校生と大学生らが相互に学び合い、課題認識と解決に向けた実践方法を検討することとしています。
 今回のテーマは3つ。1「住み続けられるまち創りを~林業×DIYを通じたあらゆる世代間交流の促進」、2「陸の豊かさも守ろう~県西地区の温暖な気候を生かした新産業とサプライチェーンの創造」、3「アートの持つ力で豊かな社会を創造」となっており、グループに分かれて取り組みました。
県森林組合連合会林業センター
オリーブ
オリーブ畑で説明する加藤かいさん(右)

(写真1枚目)フィールドワークでは、秦野市にある県森林組合連合会林業センター様にもご協力いただきました。(写真2,3枚目)地元産のオリーブ作りに取り組む岩原の加藤かいさんのオリーブ畑を視察。
 
 テーマ1と2のメンターは、第18号でご紹介した株式会社BOUNDLESSの代表取締役デニス・チアさん、テーマ3はMother Earth Project代表の中島直樹さんです。遠野市をはじめ全国で活動を展開するMother Earth Project(MEP)が南足柄の地に初めて足を踏み入れてくれました!
  MEPについては今後別の機会でしっかりとご紹介したいと思います。MEPの公式サイトは…

コロナ禍 そして新体制による初のカレッジ事業

 プログラムへの参加人数は、高校生が5人(全て立花学園の生徒さん)、大学生が4人、留学生が3人でした。小規模開催となった理由は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、定員を絞ったことなどによるものです。
 
 そして、(一社)南足柄みらい創りカレッジにとっては、地域から理事を招き新たな体制を構築して初めて実施した事業でもありました。理事となられた方々は、これまでカレッジの事業に深く関わってきた方々が中心で、今回の事業にも自発的な参加、ご協力がありました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、対面による交流事業の実施がたいへん難しい中、樋口代表理事は「4月から6月まではプログラムを全て中止することとしました。しかし、プログラムの企画の手は止めません。感染対策に十分配慮した上で、地域活性化を実現するプログラムを進めてまいりますので、ご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます」と話します。

 他の地域ではなかなか体験できない魅力的なプログラムを今年度も南足柄みらい創りカレッジが展開していきます。広報誌やホームページ等で随時お知らせしていきますので、地域での学びの場、交流の場としてぜひご活用ください。

 
コラージュ作品を手に

 テーマ3「アートの持つ力で豊かな社会を創造」に取り組んだ参加者とメンターの中島直樹さん(写真下左)。市内を散策し自ら撮影してきた写真などで南足柄をイメージするコラージュ作品を制作しました。

女性センターで9月29日まで展示中
感性が伝わる素敵な作品を女性センターに展示しています。ぜひご覧ください。(水曜休館19時まで)


協働のまちづくり通信 バックナンバー

協働のまちづくり通信から

第22号(令和2年6月10日発行)

包括連携協定事業
Webセミナー高齢者施設の新型コロナ感染症対策

あしかみ全力応援プロジェクト
女性センター経由の支援は53名から


協働のまちづくり通信 22(2020.6.10) .pdf  PDF形式 :659.4KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第21号(令和2年5月8日発行)

あしかみ全力応援プロジェクト 足柄上病院の支援について


協働のまちづくり通信 21(2020.5.8) .pdf  PDF形式 :657.8KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第20号(令和2年3月24日発行)

「地域づくり交付金」助成事業について


協働のまちづくり通信 20(2020.3.24) .pdf  PDF形式 :757.6KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信

第19号(令和2年2月17日発行)

南足柄寺子屋塾について
南足柄100人カイギvol.13


協働のまちづくり通信 19(2020.2.17) .pdf  PDF形式 :950.7KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信

第18号(令和2年1月27日発行)

国際交流まちづくりサロン 参加者募集
地方創生パートナーズ
南足柄100人カイギvol.12


協働のまちづくり通信 18(2020.1.27) .pdf  PDF形式 :1.3MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信

第17号(令和2年1月5日発行)

新春インタビュー
南足柄100人カイギ運営事務局 原田緑さん
天狗のこみちマラソン実行委員会 委員長・藤崎彩子さん、事務局長・藤崎悟さん
南足柄100人カイギvol.11


協働のまちづくり通信 17(2020.1.5).pdf  PDF形式 :1.5MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第16号(令和元年12月3日発行)

横浜国立大学×矢倉沢「みかん収穫体験と交流 里山地域の活性化を考える」、南開工業株式会社×南足柄市文化会館「映画・二宮金次郎上映会」、南足柄100人カイギvol.10


協働のまちづくり通信 16(2019.12.3).pdf  PDF形式 :1.5MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第15号(令和元年10月22日発行)

南足柄みらい創りカレッジ「みんなでつくる2030年の世界~SDGsを知ろう!」「オープンカレッジ2019」、南足柄100人カイギvol.09、足柄夜市、あしがらアートの森、MA-510フェスタ


協働のまちづくり通信 15(2019.10.22).pdf  PDF形式 :1.6MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第14号(令和元年9月27日発行)

岩原自治会・沼田自治会×南足柄みらい創りカレッジ「地域による中学生への防災教育の可能性」、観光ボランティアガイドの会の新たな取り組み、南足柄100人カイギvol.08、女性活躍推進セミナーを開催(包括連携協定事業)


協働のまちづくり通信 14(2019.9.27).pdf  PDF形式 :1.3MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第13号(令和元年8月20日発行)

横浜国立大学が南足柄市で授業「実践地域と起業」(包括連携協定事業)、地域コミュニティの場作り~ネコノテカフェと弘済寺の取組み、南足柄100人カイギvol.07、足柄夜市


協働のまちづくり通信 13(2019.8.20).pdf  PDF形式 :1.6MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第12号(令和元年7月30日発行)

市民活動団体の新たな連携を模索~(仮)市民活動連絡協議会の取組み、駆ける!天狗さん写真展、南足柄100人カイギvol.06、みんなで学ぼうSDGs SDGs de 地方創生カードゲーム体験会


協働のまちづくり通信 12(2019.7.30).pdf  PDF形式 :1.1MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第11号(令和元年6月21日発行)

おもてなしの準備は万全!天狗のこみちマラソン、南足柄100人カイギvol.05、みんなで学ぼうSDGs 2030SDGs カードゲーム体験会


協働のまちづくり通信 11(2019.6.21).pdf  PDF形式 :1.1MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第10号(令和元年6月7日発行)

南足柄みらい創りカレッジ 令和元年度の実施プログラム企画概要、南足柄100人カイギvol.04


協働のまちづくり通信 10(2019.6.7).pdf  PDF形式 :854.2KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第9号(令和元年5月10日発行)

南足柄100人カイギvol.03、市民活動ガイドブック2019年度版を発行~ボランティア団体による魅力あるまちづくり


協働のまちづくり通信 9(2019.5.10).pdf  PDF形式 :515.1KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

号外(平成31年4月15日発行)

天狗のこみちマラソンボランティア募集、いずっぱこ居酒屋


協働のまちづくり通信 号外(2019.4.15).pdf  PDF形式 :656.5KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第8号(平成31年3月8日発行)

100人カイギが南足柄で始まります


協働のまちづくり通信 8(2019.3.8).pdf  PDF形式 :468KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第7号(平成31年1月8日発行)

Scratchを使ったプログラミング体験教室を開催、防災の心を育む小学生向け防災アカデミー「災害対応カードゲーム」を開催


協働のまちづくり通信 7(2019.1.8).pdf  PDF形式 :437.5KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第6号(平成30年12月20日発行)

あいおいニッセイ同和損保(株)と包括連携に関する協定を締結~記念事業終活セミナーを開催、市内3郵便局と包括連携に関する協定を締結~暫金時郵便局部隊が発足、包括連携協定の狙い等


協働のまちづくり通信 6(2018.12.20).pdf  PDF形式 :849.1KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第5号(平成30年11月9日発行)

南足柄みらい創りカレッジ「オープンカレッジ2018」(カードゲーム2030SDGs体験会、みんなで学ぼうSDGsプログラム、防災アカデミー、算数クイズ大会 by math channel、100人カイギ体験会 in 南足柄)を開催


協働のまちづくり通信 5(2018.11.9).pdf  PDF形式 :609KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第4号(平成30年10月6日発行)

天狗のこみちマラソン実行委員会の取組みについて


協働のまちづくり通信 4(2018.10.6).pdf  PDF形式 :1.1MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第3号(平成30年8月21日発行)

横浜国立大学・夏季集中講座を南足柄市で開催 地域課題を起業で解決なるか!、イノベーション・サマー・カレッジ 持続可能な地域づくり(パーマカルチャー)を研究・発表


協働のまちづくり通信 3(2018.8.21).pdf  PDF形式 :1000.4KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第2号(平成30年8月13日発行)

防災アカデミーDITSを使った防災教育、防災レクチャー、イノベーション・サマー・カレッジ 持続可能な地域づくり(パーマカルチャー)を研究・発表


協働のまちづくり通信 2(2018.8.13).pdf  PDF形式 :571.5KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


協働のまちづくり通信から

第1号(平成30年8月3日発行)

創刊に当たって、横浜国立大学「実践 地域と起業」、防災アカデミー


協働のまちづくり通信 1(2018.8.3) .pdf  PDF形式 :544KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2021年02月22日

この情報に関するお問い合わせ先

市民協働課 協働支援班

電話番号:0465-73-8071


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.