交通事故に遭ったとき(第三者行為)

 交通事故や傷害事件などのように、第三者(加害者)から傷害を受けた場合には、損害賠償として加害者が被害者の治療費を負担するのが原則ですが、必要があれば国民健康保険で治療を受けることもできます。この場合、国民健康保険が一時的に医療費を立て替え、後で加害者に国民健康保険が負担した費用を請求しますので、国民健康保険を使う場合には、必ず事前に連絡をし、必要書類を提出してください。
 

届け出を忘れずに!

 国民健康保険で治療を受ける場合は必ず事前に市民課保険班に連絡し、すみやかに「第三者行為による被害届」を提出してください。

届出に必要なもの

 ・保険証
 ・印かん
 ・事故証明書(事故を所管する警察署にお問合せください。)

次の場合は国民健康保険が使えません

 (1) 加害者からすでに治療費を受け取っているとき。
 (2) 業務上のケガのとき。(労災保険の対象になります)
 (3) 酒酔い運転、無免許運転などによりケガをしたとき。
 

示談は慎重に

 国民健康保険に届け出る前に示談をすると、そのとり決めが優先して、加害者に医療費を請求できない場合があります。示談をする前に、必ず相談してください。 

最終更新日:2014年03月20日

この情報に関するお問い合わせ先

市民課 保険年金班(国民健康保険)

電話番号:0465-73-8021


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.