小田原市斎場の建て替えについて

 県西地域で重要な役割を持つ小田原市斎場は、供用開始から40年以上が経過し著しく老朽化しています。
 この斎場が、これまでも周辺市町の住民にも広く利用され、県西地域にとり重要な役割を果たしていることから、小田原市、南足柄市、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町の2市5町による「小田原市斎場事務広域化協議会」で、新斎場整備に向けた検討を行っています。
 これまでのところ、平成24年度には、新斎場について、小田原市が事業主体となり、現斎場と同一敷地内で小田原市斎場として整備することを決定しています。
 また、今後の火葬需要に対応するため、火葬炉を6基から9基に増やし、新しい斎場を建設します。
 平成31年4月の供用開始を目指して整備が進められます。
新斎場完成イメージ

お知らせ

 平成28年11月15日 小田原市斎場整備運営事業のホームページを開設しました。
 小田原市斎場PFI株式会社は、小田原市斎場整備運営事業について建設工事の工程や事業概要などをお知らせするホームページを開設しました。
 平成28年11月15日 臨時駐車場を設置します。
 斎場の建て替え工事によって施設内の駐車台数が制限されるため、平成28年12月1日(木曜日)から、車で来場する場合は臨時駐車場をご利用いただきます。

小田原市斎場 臨時駐車場位置図.pdf  PDF形式 :53.3KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


新斎場の整備に向けたスケジュール

事前調査・設計・工事       平成28年6月から平成30年12月
供用開始             平成31年4月
外構整備・現火葬棟解体      平成31年1月から12月

新斎場の施設概要

所在地    小田原市久野3664-8(現小田原市斎場敷地)
構造     鉄骨造2階建て
        1階 エントランスホール、お別れ室(告別式・収骨室)、炉室、事務室など
        2階 待合室、待合ロビーなど
        ※ 式場、動物用火葬炉はありません。
延べ床面積  3,244平方メートル
火葬炉    9基

工事期間中の利用

 現在の火葬棟を稼動させながら建て替えるため、利用者が使う場所と工事エリアを分け、騒音の低減を図りながら安全に工事が進められます。
 工事期間中は仮設待合室と仮設駐車場を利用していただきます。
 仮設待合室は現在の待合室の向かい側(現駐車場)に設けられる予定です。
 詳細が決まりましたら、お知らせします。

 詳しくは、小田原市及び小田原斎場PFI株式会社のホームページをご覧ください。

最終更新日:2016年11月30日

この情報に関するお問い合わせ先

環境課 環境政策班

電話番号:0465-73-8006


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
南足柄市役所  〒250-0192 神奈川県南足柄市関本440番地  電話:0465-74-2111(代表)

Copyright © City of Minamiashigara, All Rights Reserved.